名前なんてない

メモ程度の内容

受注

新規の取引開始ってほんと運だと思った。二部だけど上場してて、福利厚生もしっかりしてて、社員教育も行き届いていて、18時過ぎには絶対連絡をしてこない会社さんと仕事をすることができた。

始まりはテレアポ。セールスに行ったのとは違う商材で受注となったが、部長さんが「他の会社より対応が良いから。リアクション早いし」って言ってくれた。嬉しい。

 

僕はライバル、競合にやられたら嫌な事はお客さんが喜ぶことだと思ってる。だからライバルより早く企画書を出し、ライバルより早く見積書を出し、ライバルよりこまめにフォローした。

だが、上司は営業が動くことは原価が上がることと評価しなかった。では営業の仕事とはなんなんだ?全く理解できない。

 

とりあえず、自分のやり方で大型受注をゲットした。

 

あとは継続。

 

あの上司を追い出すためにはこれしかない。